8年ぶりに放置していたブログを再開します。もうアイルランドにはいませんがタイトルはそのままに日常を綴っていこうと思います。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイルランドでは留学生も週25時間以下のアルバイト就労が認められています。

最低時給が8.3ユーロ(約1328円)以上とバイトしない手はありません。


アイルランドで働くためにはPPS(Personal Public Service)番号と呼ばれる社会保障番号を取得しなければなりません。取得と言っても最寄の社会福祉事務所に必要な書類を持って行き、登録するだけです。

PPSナンバーを取得しないで働くと不法就労となり、税金等の還付もうけられなくなります。




今日PPSナンバーを取得しに社会福祉事務所へ行きました。

SANY0006 のリサイズ画像
Nth Cumberland Streetにある社会福祉事務所


私が持っていった書類は
①大学からのPPSを取得するための手紙
②パスポート
③GNIBカード(外国人登録カード)

※①は住所を証明する書類です。

必要書類は対応する職員によって違ったりする場合がありけっこう適当です。


事務所でアプリケーションフォームを受け取り、必要事項を記入し、提出すれば登録が完了し、10日前後で自宅にPPSナンバーが書かれた手紙が郵送されてきます。


居住区域によって登録に行く社会福祉事務所が決められているので注意が必要です。


営業時間は9時から16時のところが大半で、土日は休みです。詳しくは下記のホームページで確認してください。


アイルランド社会福祉事務所のリスト

アイルランド社会福祉事務所ホームページ





ブログランキング参加中

みなさんのクリックでどんどん順位があがります。


ブログ更新の励みになりますので、本日も応援のクリックよろしくお願いします↓


FC2ブログランキング人気ブログランキング



  







☆今日の夕食☆
IMGP2601 のリサイズ画像
・チキンカツ
・ほうれん草、ハム、玉葱の卵とじ
・チップス
1.30ユーロ(約208円)








スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://irelandublin.blog119.fc2.com/tb.php/106-dec5a396
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。